2.代案はあるの?

脱原発の方向性を打ち出すとしても、具体案はあるのでしょうか。

 

実は、福島原発事故以降、多くの機関によって脱原発のシナリオが発表されています。

ここではその一部をご紹介します。

<行政関係>

大阪府市エネルギー戦略会議

「大阪府市エネルギー戦略の提言」

2013年5月31日

<政党>

みんなの党

「みんなの政策アジェンダ2013」

2013年

<市民セクター>

◆エネルギーシナリオ市民評価パネル

Ⅲ. エネルギー・環境のシナリオの論点

2012年5月

◆原子力市民委員会

「原発ゼロ社会への道 新しい公論形成のための中間報告」

2013年10月